かいもの気まぐれサラダ

時には社畜。時にはアフター5の社会人。シェフの気まぐれサラダのように、楽しく文章書いてます。

かいもの気まぐれサラダ

雪と台風による仕事・帰宅事情で見るブラック企業度診断

f:id:kaimo88:20180123182959p:plain

 

社会人のみなさん!

大雪ですね!

今、この大雪の中、あなたはどこにいますか?

 

会社から早めの帰宅命令が出て、家で暖かいお風呂を浴びて、アフター5をゆっくり満喫していますか?

それとも、帰宅途中の人たちで混雑する中、電車やバス待ちの真っただ中でしょうか。

むしろ、特に普段と変わりなくまだまだ会社にいるという人も多いと思います。

 

大雪や台風になると帰宅や出勤に関して、企業の対応は様々ですよね。

そして、その企業の社員に対する指示によって、私たちの運命も左右されます。

社員にとって、とてもありがたい指示を出すホワイト企業もあれば、とんでもない指示を出すブラック企業もある…。

 

今回はそんな大雪と台風が起きた際に、その対応の仕方によって、ブラック企業の度合を振り分けてみました。

あなたの企業はどの位置にいるでしょうか。

また、企業によって対応はどう変わっていくのでしょうか。

 

それではどうぞ。

 

 

ブラック度0%(=ホワイト企業100%)

前日の仕事中に「明日は大雪(台風)なので、様子をみて、明日の朝に会社から社員の皆さんに連絡を出します」という内容が回ってくる。

その数分後には、社員たちがそのメール内容の話題で持ち切り。

ランチタイムでは「さっきのメールみた?」とウキウキと話す姿が見られ、既に休みを想定して、「明日はゲーム三昧だ!」「溜まってた映画を見よう!」と勝手に予定を考える者も現れる。

 

当日はそれほど雪や雨風が強くなくても、「気を付けてきてね」「正午くらいまでには来てくれればいいよ」と優しさ溢れるメールが届けられる。

問題なく出勤できる程度の天候具合であれば、就業開始1時間後くらいにボチボチ社員が出社しだし、席が8~9割程度埋まる。(残りの1~2割はこれを機に有給を使用)

 

当然、午後から強くなるような情報が舞い込んできた際には、「早く帰れ!」「さっさと帰れ!」「寄り道するんじゃねぇぞ!」と帰宅を促す。電話の留守電にはわざわざ「本日、雪による~」とメッセージを切り替え、他社に対してホワイトアピールでマウント。

 

また、普段は自主性を重んじる企業であっても、この日だけは完全なる指示の姿勢。

万が一、帰宅が困難な社員が出た際には、会社負担で近隣のホテルを手配。もちろん朝食付き。

 

(自分で書いてて思ったが、こんなホワイト企業あるのだろうか?)

 

ブラック度20~60%(ややブラック)

前日も朝も特に指示はなし。部長や課長が「明日は大雪らしいな…」と話題を振るが、特に何かがあるわけでもない。

 

当日の朝、社員が遅刻をしてきた際に、嫌味を言われるか、厳重注意をされるか、有給使用か、あたりでブラック度数が変わってくる。

 

もちろん、仕事中にも特に指示はおりてこないまま定時を迎える。その後、残業中に電車が止まってから、やっと帰宅の指示。時すでに遅し。

超混雑の中、電車やバスで普段の倍の時間をかけて帰宅。

 

しかしながら、場合によっては、普段の退社時間より少し早めに帰れてウキウキ気分の社員もいる。

 

ブラック度80%~100%(完全なるブラック)

前日の仕事中に「明日は大雪(台風)のようなので、普段より早めの出勤を心がけるように!」と指示が下りてくる。

 

もちろん、遅刻は厳禁。もし遅刻をした際には、「昨日はやく来いって言ったよね?」と会社到着後に2時間の説教タイム。

 

「帰れない?なら、ホテルに泊ればいいじゃん。もちろん自費でね。コンビニで弁当でも買えば?あっ、会社に泊ってもいいよ。」

 

指示も何もないのに「ウチは帰宅支持を出した!」とSNSホワイト企業アピール。これには社員も苦笑い。だが、社内でそのことを話題に出せる者はいない。

 

ブラック度120%(番外編)

よっしゃ!今日「も」徹夜だな!

おっ、雪振ってるじゃん!綺麗だなぁ!さっ、仕事しごと!

 

特に大雪だろうが台風だろうがなんだろうが、普段と同じく家に帰れないことは変わらない。むしろ何事にも動じない屈強な企業姿勢が見える。

  

まとめ

ブラック企業に勤めると、子供の頃にワクワクしていた雪や台風が憎くなりますね!

でも、ホワイト企業であれば子供の頃の気持ちと同じく、雪と台風がくるとワクワクするし、めっちゃ嬉しい!!(早く帰れるから)

 

ちなみに私は憎い派です!!

 

それでは良い大雪(台風)ライフをっ!!

 

関連記事はこちら⇒

kaimo88.hatenablog.com