かいもの気まぐれサラダ

時には社畜。時にはアフター5の社会人。シェフの気まぐれサラダのように、楽しく文章書いてます。

かいもの気まぐれサラダ

YOUTUBER(ユーチューバー)になって1000万の収入を稼ぐ方法を調べてみた

f:id:kaimo88:20180119021323p:plain

 

Youtuber(ユーチューバー)になりたい。

 

このユーチューバー流行の中、誰もがそう思ったことはあるでしょう。

いまやユーチューバーは「身近でかつ、夢のある職業の内の1つ」になりました。

 

そして、なりたい職業No.1にも君臨したことのある、ユーチューバー。

「有名になりたい!みんなに人気になりたい!誰も愛される…、

 

そんなユーチューバーになりたいんだ僕は!」

と思っている人たちがたくさんいます。

 

でもね。

「ユーチューバーになりたい」って人の多くはそうじゃないんですよ。

「有名・人気・みんな愛される…」

確かにみんなそう思います。

でも、それだけで満足しなんです。

大事なものが1つ抜けてますよね…。

そう

 

有名で・人気で・みんなから愛されて

お金ががっぽがっぽ稼げるユーチューバーになりたい!

そうでしょ?

 

そこまでいかなくても

(あわよくば)お金も稼げるユーチューバーになりたい」

そう思っている人が多い気がします。

 

そんな人のために(自分が知りたいから)ユーチューブで1000万を稼ぐための方法を調べてみました。

どうぞ。

 

 

ユーチューバーで年収1000万稼ぐにはどうすればいいか

 とある記事によれば、年収1000万円をYOUTUBEからの収入で達成している人は約90人になります。

90人か…。

まぁ、実際はそんなもんか…。

案外少ないな…。

と思っている人も多いでしょうが、これはYOUTUBEからの収入で」という、ココにポイントがあります。

 

そうすると、じゃあ他に収入があるの?という話になりますが、

あります。

それは「企業案件」というものです。

 

チャンネル登録者数が多いYouTuberの場合、企業からの商品やサービスを紹介することで、企業から直接収入を得ることができます。それが「企業案件」です。

 

でも、更に話を進めるとまず企業案件を依頼されるようになるには、単純に登録チャンネル数の多い人気のYouTuberにならなくてはいけません。

 

次は1000万稼ぐための、具体的な再生数の数字をあげていきます。

 

1再生あたりの収入と1000万円達成までの道のり

まず1再生あたりの単価(収入)ですが、大体0.05~0.1円あたりと言われています。

これは人によって大きく異なるため、一概には言えませんが、長く続けていれば平均して、大体は0.05~0.1円あたりになると言われています。

すると、おのずと1000万までの道のりが見えてきます。

 

0.1円で考えると…

1000万再生まではおおよそ1億再生

 

その半分の0.05円で考えると…

1000万再生まではおおよそ2億再生

 

毎日、動画を投稿するとして…

1年間(365日)で365動画を投稿となるため、

1本あたりの再生数は平均して「約274,000再生」が必要になります。

ちなみに単価が0.05円だと、この倍の「約548,000再生」が必要です。

 

これよりも再生数が低くても、先ほどお話しした「企業案件」もあります。

初年度は難しいでしょうが、人気が出てくれば、企業案件からの報酬で稼ぐことによって、平均再生数が「27万~54万」でなくとも、1000万を達成できる可能性があります。

 

まとめ

 実際に具体的な数字をみると、現実的かそうでないかが見えてきますね。

ネットで話題になるのは、有名なユーチューバーばかりなので、華やかな収入事情ばかり目に映りますが、上記の再生数等を使って、

身近なユーチューバーがどの程度の収入を得ているか確認してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事はこちら⇒

kaimo88.hatenablog.com